【ひとりごと】気づいたら…すでに世の中が腐っていた【目を覚ませ】

生活
スポンサーリンク

こんにちは、MIYUです!

 

久しぶりの更新です。

 

リアルでは、新たな出会いとともに

なかなか濃い日々を送っております。

 

それと同時にインプットの時間を費やしていました。

 

本を読んだり、映画を見たり、
初めての場所に出かけたり…。

 

最近興味があるのは、世の中の仕組みや、食育、環境問題です。

 

とはいえ、とても大きく深い分野なので、私の中でまだ情報が足りないし、かみ砕いて意見を言えるような状況でもないので、途中経過という感じです。

 

あまりに根深かくて…

ちょっと唖然としています。

スポンサーリンク

闇深い世の中

 

勉強をすればするほど、

知らないことを知れば知るほど、

 

『この世はすでに腐りかけている。』

 

と感じます。

 

資本主義社会と大日本帝国の洗脳が残っている感じが怖い。

 

そして、

そんな世の中で、今までのうのうと生きてきた自分が一番怖いです。

 

 

世の中の闇に気づいてしまった感覚。

 

まっとうに働くことも嫌になりそう。

 

生きることにも絶望しそう。

 

 

でもなぜこんな世界に私は生まれたのか?

 

これからどうして生きていくべきなのか?

 

そんな、答えのでない問いにぶち当たっています。

 

 

「うたた寝しがちな”良心”を覚醒させる。」

 

最近読んだ『ソクラテスの弁明』から引用しました。

 

子供の時は疑問に思っていたこと・知っていたはずのことを

いつの間に忘れて、考えることもやめていました。

 

私にできることはまだわからないけど、
これからは目を背けず考え続けます。

 

小さくて弱い自分にもできることを。

 

ではまた!