【解決】パンプスがどうしても脱げる!その理由は根本的な○○にあった!

美容
スポンサーリンク

こんにちは!MIYUです。

こんなお悩みないですか?

パンプスを履くとどうしても踵が脱げる。インソールやつま先パット、前滑り防止対策をしても、足が窮屈になったり靴擦れが起きたり心地よくはけた試しがない。ストラップや透明バンドをすれば解決するけど着脱面倒だしダサいからホントはしたくないし。私の足は一生パンプスを履きこなせない足なの?
(パンプスがどうしても足になじまず悩んでいる女性)

まさに私の悩みでした。
そして今は悩みから解消されました。

専門家ではないので詳しい説明はできませんが、ある記事を見たことがきっかけです。

私の原因は初歩的なことから間違っていました。

それはサイズ選びが間違っていることです。

具体的には、パンプスは足をねじ込んで履くくらいきつめのサイズを選ぶといういうことです。

私は全く真逆のことをしていたので常識が一気に覆されました。

参考にしたのはフィッティングシューズの会社を運営している社長さんの記事です。
記事はこちらです→その“靴選び”間違っています!ーーシンデレラシューズ・松本社長「痛い靴ゼロへの挑戦」《上》

この方曰く、パンプスを選ぶ際に大半の人が選び方を勘違いしているそうです。

また、売る側(お店の人)もしっかり理解していないと警告されています。

【概念】パンプスとはなにか?

まず根本的に、パンプスを履く心得を確認です。

パンプスは「足をねじ込んで履くくらいきつめのサイズを選ぶもの」
だということを知りましょう。

これ、あなたはできていますか?
私は出来ていませんでした。

だって、少しゆとりがあるほうがつま先が圧迫されないし、靴づれすることもないでしょ?

と思っていました。

しかし、その認識がそもそも間違いだそうです。

靴ずれが起こるのは、足と靴がこるれることにより起こります。つまり、その“ゆとり”が靴擦れの原因です。

【選ぶ基準】サイズは大きい方?小さい方?

サイズを選ぶときのポイント

靴ずれを起こさないためには、足のどこかが痛く感じる手前のギリギリきつい靴を選んだ方がいいです。

理由は先ほども説明した”ゆとりやスキマ”に問題があります。
さらにもうひとつパンプスでの歩き方を崩さないためにも必要です

なぜかというと、特に高いヒールの場合、大きなサイズを選ぶと足がどんどん目の方へ滑っていくので足を痛める原因になります。しっかりつま先で地面をつかみ踏み出す歩き方の基本フォームがくずれてしまうからです。

具体的には、踵がパカパカして脱げそうなときや靴ずれが痛くてかばっている時は、変な力の入れ方をしてしまいます。
歩く姿勢がぎごちない女性をみたことがありますよね?
あんなイメージです。

だから、パンプスを選ぶときは小さい方を選びましょう。

【具体例】私の場合

私の体験を紹介します。

それまでは、スニーカーやブーツは23~23.5でした。
つま先も少しゆとりがある方がいいという基準をどこかで刷り込まれていたのか、何も考えず選んでいました。

パンプスを選ぶときも同じサイズを選んでいました。

しかし、なぜか絶対靴ずれを起こします
買いたての頃は素材がなじむまで、足の皮が分厚くなるまで「足を痛めつける前提」で履いていました。
でもいくら色んな脱げない対策をしたり、足をボロボロにしても「履きにくい・歩きにくい」と思っていました。

街を颯爽と歩くパンプスの女性をみて「自分はあんな風にパンプスを履きこなすことはないのか…」と思っていました。

しかし、この記事をよんで、試しに22.5㎝と言う今まで未開の地であるサイズを履いてみました。

すると確かにきついですが、踵が脱げるのをかばうような意識はなくなったし、靴擦れをおこすスキマはありませんでした。

【疑問】きついと痛いのでは?

キツイと痛いじゃん?

そんな声が聞こえてきそうなので、私なりに解決法を考えました。

確かに素足やストッキングをはいた状態でギツギツなので、いきなり外出で履くのは怖いです。

なので、外で履く前に部屋の中で靴下をはいてパンプスを履いてみました

歩かず座ってるだけでいいので、ただ少しだけ広げるイメージで厚めの靴下をはいて過ごすだけです。

そうすると、気持ち少しだけ広がるので素足で履いた時のパンパンぎゅうぎゅう感は緩和されます。

生地が伸ばされる分、新品特有の固い生地より素肌になじみやすくなると思います。

結論:ぎちぎちのパンプスは家の中で履いてなじませる。

それもなかなか出来ない。
と言う方はサイズ拡張アイテムに任せましょう。

まとめ

 

いかがでしたか?

どうしてもパンプスが合わないのは、デザインのせいでも、足の形のせいでもなく、サイズ選びとパンプスの概念が間違っているからかもしれません。

パンプスはスニーカーのようにたくさん歩くためのものではないし、スキマが出来るほどのゆとりも必要ありません。

根本的な部分を見直し、自分の足に合ったパンプスのサイズを知りましょう。

パンプス選びの鉄則:大は小を兼ねてはいけない

颯爽と街を歩くパンプスライフが待っています。

レディースシューズブランド DESTIN(デスティン)



ではまた!